1回塗りと2回塗りの差は全然違う

 今回は、『1回塗りと2回塗り』とでは、耐久性・仕上がりに大きな差が出ることについてご紹介いたします。

まず、1回塗りと2回塗りとはどういう意味なのでしょうか?
塗装業界では、以下のことを1回塗り、2回塗りと言っております。

・1回塗りとは・・・下塗り(シーラー) + 上塗り 計2回

・2回塗りとは・・・下塗り(シーラー) + 上塗り(1回目) + 上塗り(2回目) 計3回

つまり、1回塗りとは上塗りを1回しか塗らず、2回塗りとは上塗りを2回塗るということです。

そのため、1回塗りと2回塗りでは、耐久性や見た目の仕上がりに大きく差が生じてしまいます。
下記の写真がその一例です。

屋根塗装

シーラー塗布後 

上記写真の中央部分の上側が仕上がり2回塗り、下側が仕上げ1回塗りです。

明らかに2回塗りの方が、ツヤ感があり仕上がりもよく見えるかと思います。
また、耐久性も1回塗りと2回塗りでは、3~5年程度差が出ます。

仕上げ1回塗り(中塗り)
仕上げ2回塗り(上塗り)

 仕上げ塗り2回(上塗り)は塗装直後に写真を撮っているので乾いたらここまでの差はないが、仕上げ塗り1回と2回ではツヤと厚みがが全然違う。

塗装をお考えの方へ

 ここまでで、1回塗りと2回塗りの差をご説明しましたが、結論的には、最低2回塗らないと期待する性能が発揮できないと言えます。しかし、お客様からしたら2回目の上塗りを、本当にやってくれているのか不安になる方も多いと思います。
一番良いのは「信頼できる塗装店」に頼むことですが、なかなか信頼できるまでの関係性を作るのは難しいことでしょう。

そこで信頼できる塗装店の目安としては、

・見積書に、壁の平米数や材料名などの記載がある。
・見積書に『3度塗り』(下塗り+1回目上塗り+2回目上塗り)という塗回数が記載されている
・各工程ごとに写真を撮って見せてくれる。また、最後にアルバムにしてくれる。

以上のように、説明をきちんとしてくれる塗装店は信頼できるでしょう。

今すぐお電話をする